建設業許可申請でお悩みの建設業経営者支援サイト

工事は安全第一!経営は信用第一!社会的信用・受注機会の増大のために建設業許可の取得を考えてみませんか?
【事務所】 埼玉県さいたま市緑区大門1596−5フローラルアイダF201


専任の技術者として認められる学歴・指定学科・類似学科とは?

学歴に応じて証明する実務経験年数が短縮できます

学校教育法の分類による専任技術者として認められる学歴

高等学校全日制、定時制、通信制、専攻科、別科 指定学科卒+実務経験卒業後5年以上
中等教育学校 平成10年学校教育法の改正により創設された中高一貫教育の学校
大学・短期大学学部、専攻科、別科 指定学科卒+実務経験卒業後3年以上
高等専門学校 学科、専攻科

※平成28年4月1日より営業所の専任技術者・主任技術者等の要件が拡大される変更がありました。

 「高度専門士」を大卒相当、「専門士」を短大相当、「専修学校専門課程卒」を高卒相当とみなすこととなり、それぞれに該当する方については、実務経験の年数が緩和(短縮)されました。


「下図: 国土交通省土地・建設産業局建設業課
     解体工事業追加に係る経過措置について より引用」


専修学校について

 専修学校については、学校教育法第124条から第133条で定められています。
 専修学校は、学校教育法第125条のとおり、1)専門課程 2)高等課程 3)一般課程に分類されます。
 
分類 入学の条件 内容 必要な実務経験
専門課程 高等学校卒業 修業年限4年、総授業時間数3,400時間以上、試験等による成績評価を行い、修了すれば「高度専門士」の称号を授与される
大学卒と同等と扱う
指定学科卒+実務経験卒業後3年以上
修業年限2年、総授業時間数1,700時間以上、試験等による成績評価を行い、修了すれば「専門士」の称号を授与される。
短大卒と同等と扱う
修業年限1年の課程等、上記の2つに該当しない場合
高校卒と同等と扱う
指定学科卒+実務経験卒業後5年以上
高等課程 中学校卒業 実務経験10年以上
一般課程 年齢・学歴は無関係 和裁・洋裁・美術・調理などの生活に関することを学ぶ過程 実務経験10年以上


専任の技術者として認められる指定学科

※建設業法施行規則第一条
許可を受けようとする建設業学科
土木工事業
ほ装工事業
土木工学(農林土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地又は 造園に関する学科を含む。以下この表において同じ。)、都市工学、 衛生工学又は交通工学に関する学科
建築工事業
大工工事業
ガラス工事業
内装仕上工事業
建築学又は都市工学に関する学科
左官工事業
とび・土工・コンクリート工事業
石工事業
屋根工事業
タイル・れんが・ブロック工事業
塗装工事業
土木工学又は建築学に関する学科
電気工事業
電気通信工事業
電気工学又は電気通信工学に関する学科
管工事業
水道施設工事業
清掃施設工事業
土木工学、建築学、機械工学、都市工学又は衛生工学に関する学科
鋼構造物工事業
鉄筋工事業
土木工学、建築学又は機械工学に関する学科
しゅんせつ工事業土木工学又は機械工学に関する学科
板金工事業建築学又は機械工学に関する学科
防水工事業土木工学又は建築学に関する学科
機械器具設置工事業
消防施設工事業
建築学、機械工学又は電気工学に関する学科
熱絶縁工事業土木工学、建築学又は機械工学に関する学科
造園工事業 土木工学、建築学、都市工学又は林学に関する学科
さく井工事業土木工学、鉱山学、機械工学又は衛生工学に関する学科
建具工事業建築学又は機械工学に関する学科
解体工事業土木工学又は建築学に関する学科

※電気工事又は照応施設工事における無資格者の実務経験は、電気工事士法及び消防法の規定により原則として認められません。

専任の技術者として認められる類似学科

※類似学科については、学科名の末尾にある「科」「学科」「工学科」は他のいずれにも置き換えることができます。ただし、「森林工学科」「農林工学科」「農業工学科」「林業工学科」については、置き換えることはできません。

※出所:東京都建設業許可申請・変更の手引より
指定学科類似学科
土木工学に関する学科開発科
海洋科
海洋開発科
海洋土木科
環境造園科
環境科
環境開発科
環境建設科
環境整備科
環境設計科
環境土木科
環境緑化科
環境緑地科
建設科
建設環境科
建設技術科
建設基礎科
建設工業科
建設システム科
建築土木科
鉱山土木科
構造科
砂防科
資源開発科
社会開発科
社会建設科
森林工学科
森林土木科
水工土木科
生活環境科学科
生産環境科
造園科
造園デザイン科
造園土木科
造園緑地科
造園林科
地域開発科学科
治山学科
地質科
土木科
土木海洋科
土木環境科
土木建設科
土木建築科
土木地質科
農業開発科
農業技術科
農業土木科
農業工学科(ただし、東京農工大学・島根大学・岡山大学・宮崎大学以外については、農業機械専攻、専修又はコースを除く)
農林工学科
農林土木科
緑地園芸科
緑地科
緑地土木科
林業工学科
林業土木科
林業緑地科
学科名に関係なく生産環境工学コース・講座・専修・専攻
学科名に関係なく農業土木学コース・口座・専修・専攻
都市工学に関する学科環境都市科
都市科
都市システム科
衛生工学に関する学科衛生科
環境科
空調設備科
設備科
設備工業科
設備システム科
電気工学に関する学科応用電子科
システム科
情報科
情報電子科
制御科
通信科
電気科
電気技術科
電気工学第二科
電気情報科
電気設備科
電気通信科
電気電子科
電気・電子科
電気電子システム科
電気電子情報科
電子応用科
電子科
電子技術科
電子工業科
電子システム科
電子情報科
電子情報システム科
電子通信科
電子電気科
電波通信科
電力科
電気通信工学に関する学科電気通信科
機械工学に関する学科エネルギー機械科
応用機械科
機械科
機械技術科
機械工学第二科
機械航空科
機械工作科
機械システム科
機械情報科
機械情報システム科
機械精密システム科
機械設計科
機械電気科
建設機械科
航空宇宙科
航空宇宙システム科
航空科
交通機械科
産業機械科
自動車科
自動車工業科
生産機械科
精密科
精密機械科
船舶科
船舶海洋科
船舶海洋システム科
造船科
電子機械科
電子制御機械科
電力機械科
農業機械科
学科名に関係なく機械(工学)コース
建築学に関する学科環境計画科
建築科
建築システム科
建築設備科
建築第二科
住居科
住居デザイン科
造形科
鉱山学に関する学科鉱山科


建設業許可申請のご案内




建設業許可申請を専門家に依頼する意味

安部行政書士事務所の特徴や実際の対応

建設業許可申請の実務の知識や運用

主要取り扱い業務

安部行政書士事務所の商品

その他リンク



建設業許可申請の専門家、埼玉県安部行政書士。新規相談お気軽に
営業時間AM9:00−PM6:00 メール24時間受付 土日祝祭日休
さいたま市(浦和・大宮・与野・岩槻),川口市,鳩ヶ谷市,蕨市,川越市,新座市,ふじみ野市,志木市,吉川市,三郷市,松伏町,八潮市,朝霞市,和光市,戸田市,越谷市,草加市, 所沢市,三芳町,狭山市,入間市,春日部市,蓮田市,行田市,熊谷市,久喜市,桶川市,鴻巣市,上尾市,北本市,幸手市他、埼玉県内出張します。
東京都の方もどうぞ!